テーマ:想い

店主の独酌 80日、ですね。

まずは、お知らせ。 明日(5月31日)は、フリーホイーラーズの展示会に参加いたします。 終日外出となりますので、恐れ入りますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。 尚、展示会情報は、 店頭では、6月1日(水)より資料を交えてご紹介いたします。 本ブログでも、後日概要をご紹介する予定です。 震災から80日。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主のモノローグ 浜岡原発の停止について

今年も咲きました。 春の雨が届けてくれた、五月の花たち。 店舗前に彩りを与えています。 震災から、もう(or やっと)二か月。 時に無情に、時間だけは、万人に平等に刻まれて行くようです。 あらためて、被害にあわれた方々に、お悔やみ、お見舞いを申し上げます。 「人の噂も75日」などと言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主の独酌 「まなつる 無垢之酒」 宮城 田中酒造

半月ほど前の写真です。 今年も楽しませていただきました。 こんな、幻想的ともいえる光景も。 ゆるゆるとたゆたう、川面の花筏。 本記事を準備しながら、エントリーを躊躇っているうちに、東京のソメイヨシノは葉桜になってしまいました。 被災地では見頃を迎えた所、これからの所と様々なようです。被災地で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主のモノローグ 御礼 署名運動

東京はソメイヨシノが満開との報ですが、 目黒川沿いは、樹によってバラつきがあるものの、全体では7分咲きくらいでしょうか。 川面に張り出す姿が見事。 せっかく綺麗に咲いたのですから、愛でてあげたいですね。 先日、「浜岡原発の運転停止署名運動」と題してブログ記事をエントリーしました。 http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主のモノローグ  浜岡原発の運転停止署名運動

★明日、明後日(4/2~4/3)は、停電無しのため通常営業(12:00-21:00)致します。 友人の友人が「浜岡原発停止を求めて行動を起こす」ということで、協力要請がありました。 本ブログへエントリーするか、悩みに悩みましたが、独白という形で紹介いたします。 まずは、こちらをご覧ください。 (説明の仕方に、多少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

店主のモノローグ  生

友人から、とてもとても素敵な一葉が届きました。 生まれたての、小さな、でも重い命。 なんか気持ちが暖かくなるような、元気が出るような、、 祈りたくなるような神々しさもある(お地蔵さんみたい?)、そんな一枚。 生きていれば、辛いことも、悲しいこともたくさんあるだろう。でも、それ以上の、楽しいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主のモノローグ 原発事故

フリーホイーラーズ、ジャンゴ、コリンボ、ジェラード等から、新作入荷が続いています。 順次ご紹介していきますが、今日は店主の独白にお付き合いください。 その前に、お知らせです。 明日の計画停電は「中止」となりました。従いまして、通常営業いたします。 3月19日(土) 停電予定時間 12:20-16:00→中止 営業…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

店主のモノローグ

BRYWBの定休日は月曜、火曜です。通常は、定休日でも店舗内で作業をすることが多いのですが、今日は通販対応も修理対応もなく、また、店舗のある川崎市中原区でも計画停電が予定されたため、自宅で作業を行いました。で、色々と考えました。 ◆計画停電について 今後の計画停電に対する対応ですが、東電からの発表が直前になるため、営業に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BRYWB(ブライウブ)とは

今更ですが、店名についてご紹介いたします。 古代中国に発生した思想に、「五行(陰陽五行)説」があります。 万物は「木」「火」「土」「金属」「水」の五元素から構成される、という説です。 また、各元素は「互いに影響を与えあい循環する」と考えます。 例えば、 「木」は「火」を生み、 「火」は「土」を生み、 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店主のモノローグ

2月も末日となりました。早いですね。 たまには独白でも。 今月は、私の誕生月でした。 父の祥月でもあり、父の亡くなった歳にまた一つ近づきました。 父が亡くなったのは、私が二十歳になった三日後。 父の享年が、自分の享年となっても良いよう、それでも悔いが残らないよう、その時から考えていた気がします。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HowからWhatへ

古き良きもの。時代を超えて輝きを放ち続けるもの。 それらには相応の理由があると思います。 古着や古道具の魅力は、長年の使用や風化にともなって増す 「味わい」ですが、それが許されるもの(「味わい」がつくもの)は、 それが生まれた瞬間に決まっているように思います。 いい加減に作られたもの、うわべだけの産物、魂の籠らないもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more