2017夏 長野/山梨旅行(4)

今夜は、旅行記(4)です。これでラストです。

<参考ブログ記事>
2017夏 長野/山梨旅行(1)
http://brywb.at.webry.info/201709/article_12.html
2017夏 長野/山梨旅行(2)
http://brywb.at.webry.info/201709/article_20.html
2017夏 長野/山梨旅行(3)
http://brywb.at.webry.info/201709/article_27.html


最終日の朝は、、
画像


生憎の雨模様。
画像


朝食は、夕食と同様に一階のレストランで。
画像



画像


たっぷり、新鮮野菜サラダ。
画像


パンはテイクアウト可能。
画像


新鮮濃厚ミルク。
画像


カボチャのポタージュ。
画像


オムレツ。
画像


朝食もボリューム満点。
画像


ご馳走様でした。
画像


ホテル周囲の森林。
画像


今頃は、紅葉も始まっていそうです。
画像


雨も上がり、薄日が差した頃、チェックアウト。
画像


家族経営のこぢんまりとしたホテルは、アットホームな雰囲気。
画像


リピーターが多いのも、頷けます。

『清里高原ハイランドホテル 』
http://www.kiyosato-hilandhotel.com/

ホテル横の、トウモロコシ畑。
画像


まだ、収穫前でした。
画像


トウモロコシって、こんなに背が高かったっけ?
画像


天気はイマイチ、曇り空で景色も期待できず、予定を変更。

『萌木の村』へ。
画像



画像


色々な施設が点在しますが、
画像


残念ながら、殆どお休みでした。
画像


この日は、9月6日(水)、
画像


夏休み明けの平日ですから、仕方ないですね。
画像


でもまぁ、空いていたし、散歩には好適でした。
画像



画像



画像


昼食は、
画像


『長坂 翁』。
画像



画像


お酒は我慢。
画像



画像


ざるそば。
画像


田舎そば。
画像


ご馳走様でした。

お次は、『山梨県立美術館』へ。
画像


「ミレーの美術館」として知られていますが、
画像


この日は、「ヴラマンク展」も特別開催という、豪華なラインナップ。
画像


「野獣派(フォーヴィスム)」の画家モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)の、独学による孤高の画業を振り返る、約80点の展覧。文筆家でもあった彼が残した文章を、絵と共に展示するというユニークな試みも実施。

ヴラマンクは、佐伯祐三が持参した絵を見て、「このアカデミックめ!」と一喝したという有名なエピソードがあります。

ここで言う「アカデミック」は、「教えられるがまま、ありきたり、独創性の欠如」で、「古臭く、つまらない」という様な意味合いだと思いますが、そう指摘された佐伯祐三は、その後、自らの画風を自らの力で変え、後世に残る名作を描きました。

東洋から来た、若い画家に対してとはいえ、それだけの事を言う自信、実績、作品世界が、本展においても広がります。

「ヴラマンク展」は、10月22日(日)まで。

常設のミレー作品も、もちろん見て来ました。

別料金ですので、ご注意を。

『山梨県立美術館』
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/


そして最後に立ち寄ったのが、
画像


葡萄畑を眼下に望む、
画像


『甲州市勝沼 ぶどうの丘』。
画像


地下ワインカーヴでは、有料試飲が可能。
画像


そこには、甲州市推奨の約200銘柄・約2万本のワイン。
画像


ワイン好きには、夢の様な世界が!
画像


ハンドルキーパー確保にて解禁!!
画像


タートヴァンを購入し、試飲開始!!!
画像


タートヴァン=ワインの利き酒用の器です。
画像


迷いましたが、、自宅用に、白を二種購入。
画像



画像


『甲州市勝沼 ぶどうの丘』
http://budounooka.com/


夕食は、自宅近所で軽く済ませました。
(省略します。)


今年の家族旅行は、母が高齢という事もあり、自宅から車で往復可能な、なるべく近場の避暑地を選びました。

天気がイマイチだったこと、また、起伏の多い場所をなるべく避ける様にした結果、美術館などの施設巡りが多くなりました。(休憩する場所も多いですし。)

北斎は、やっぱり天才でした。
絵を描くために生まれた様な人。
その天命に抗わず、画業に人生をかけ、全うし、後世に名と作品を残した人。

同時代までの日本画(特に、~派の系譜)こそ、アカデミックの極みみたいなものですが、北斎の作品には時空を超える斬新さがありますね。


宿は、二軒とも細かな気配りのきいた、気持ちの良い宿でした。


新栗、新蕎麦、紅葉と、、秋の行楽に、これから益々楽しみなエリア。

関東、東海、北陸からも近いですし、お薦め致します。


来年も、同じメンバーで旅行に行けますように。

おしまい。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック