森岡書店 「沢田英男~Form~」展

本日、森岡書店で開催中の「沢田英男~Form~」展(初日)に行ってきました。

森岡書店は、銀座一丁目にある、小さな書店。

昭和4年(1929)築の東京都選定歴史的建造物、鈴木ビルの一階にあります。
画像


内部は芝居等の公演が可能な舞台もある特殊構造で、入り口の円柱のレリーフや、外装のスクラッチ(スダレ)煉瓦なども見どころになっています。
画像


森岡書店は、一階の右端。
画像


沢田英男さんは、1955年埼玉県川越市生まれの彫刻家、造形作家。

略歴等は、下記ブログ記事をご参照ください。
他の作品もご覧いただけます。

ギャルリーワッツ 「沢田英男」展
http://brywb.at.webry.info/201703/article_8.html

画像


今回も素敵な作品が並びます。
画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像


“一冊の本を売る書店”がコンセプトの、森岡書店。
画像


沢田展の会期中は、こちらを販売。
画像



以下、会場に掲示されていた、作家の言葉です。

=-=-= ここから =-=-=

沢田英男作品展「Form」に寄せて

「Form」という言葉には、

かたちという名詞、
かたちづくるという他動詞、
かたちになるという自動詞、
3つの意味があります。
古今東西、彫刻はあらゆる文化とともにありました。
私たちは、木や石に人の似姿を刻み、
神や仏の姿を託してきました。
日本に生まれ、ドイツの彫刻に憧れ、
西洋式の彫刻の技法を学んできた私が、
古今のかたちを自らの手で創ることによって生まれたかたち。
そうして生まれた作品は、あなたの手元に置き、生活をともに
することによって、あなただけの形になってゆきます。
そんな願いを「Form」のひとことに込めました。

また、会期中、私の作品を表紙に採用していただいた書籍、
『キェルケゴールの日記哲学と信仰のあいだ(鈴木祐丞編)』
を販売致します。
信仰について生涯をかけて思索した哲学者の営みに、少しでも
寄り添えることを嬉しく思っております。
ぜひお手にとってご覧ください。
                     沢田英男

=-=-= ここまで =-=-=


今日の天気のような、気持ちの良い展示会でした。

沢田さん、奥様、
店主の森岡さんとの、
短時間でしたが、楽しいお話も、この日の収穫。


会期:5月23日(火)~28日(日) 13:00-20:00
作家在廊日:23(火)、25(木)、27(土)、28(日)
入場無料です。


森岡書店
住所
〒103-0025 東京都中央区東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル1階
電話番号
03-3535-5020

沢田英男 
http://www.hideosawada.com/sawadahideo/index.html
https://www.facebook.com/sawadahideo/
https://www.instagram.com/sawadahideo/
http://hideoblog.exblog.jp/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック