2016年 長月 広島旅行(2)

2016年9月12日(月)~14日(水)、店休日と中山デーを活用し、広島へ旅行して来ました。

旅行記、その2です。

<参考ブログ記事>
2016年 長月 広島旅行(1)
http://brywb.at.webry.info/201609/article_26.html


「平和記念公園」を観光後、宿泊先の宮島へ。

広島電鉄(広電)で「宮島口」まで行った後、フェリーに乗り換えます。

広島市内を走る路面電車。
画像


昭和20年8月6日に原爆が投下された後、僅か三日後の8月9日には一部の区間の運行が再開されました。
画像


壊滅状態であった街での運行再開は、身にも心にも傷を負った市民を勇気づけ、希望を与えたそうです。
画像


今年は、こんなイベントも。
「被爆電車特別運行プロジェクト」
http://www.rcc.jp/tram/
画像


その様な経緯もあり、今尚、広島市民に愛される広電は、古くから大事に使われた車両に加え、他社から譲り受けた車両や、新に作られた最新車両まで、様々な車両で構成されており、「動く路面電車の博物館」とも言われているそうです。
画像


ウチのアバチンと同じ、上下ツートーンのこちらは、大阪市電の車両として1950年代に製造され1969年に広電へ移籍したものだそう。
画像


来ました。「宮島口」行き。
画像


終点の「広電宮島口」に到着。途中から普通の電車になってました。
画像


フェリー乗り場は、駅からすぐ。
画像


宮島(厳島)までの乗船時間は、10分程。
画像


世界遺産であり、日本三景のひとつですね。
画像


こちらに乗ります。
画像


小型でも、ちゃんとフェリー。
画像


見えました。右手奥に厳島神社の大鳥居、左手にフェリーポート。
画像


上陸すると、、
画像


早速、鹿のお出迎え。
画像


バスに迎えられ、当日の宿「岩惣」へ。
画像


創業は、安政元年(1854年)。
画像


現在では、国立公園内に佇む旅館として営業。
画像



画像


玄関母屋は、明治25年からのもの、
画像



画像


ロビー内装は、昭和56年改装時からの作りとか。
画像



画像


部屋は、本館二階の二部屋。
画像


昭和初期の木造建築。
画像


各部屋毎に意匠が異なります。
画像


山桜の床柱が見事。
画像


銘木を随所に活かした床の間です。
画像


「紅葉まんぢうばなし」。明治後期、岩惣の女将さんの依頼で創案されたもの、とか。
画像


部屋風呂は無く、新館の方にある大浴場へ。
気持ちの良い、雰囲気の良い温泉でした。

そして、夕食。
画像


長月の献立は、
画像


紅葉が似合います。
画像


食前酒。半分飲んじゃってますが。。
画像


先附。
画像


八寸。
画像


お造り。瀬戸内の新鮮なネタに、更に一仕事が施され、、真に美味。
画像


名物の穴子は、手鞠寿司で。
画像


ここにも鹿が。
画像


別注の焼き牡蠣。
画像


やや小振りながら、旨みがギュッとつまった、初秋の牡蠣。
画像


ここは、地酒で。
画像


秋茄子の冷鉢。
画像


焼き物。
画像


広島牛の陶板焼き。
画像


すすみます。
画像


揚げ物。
画像


海老真薯のベニエ。
画像


お月見ですね。
画像


じゃこご飯に、止め椀。
画像


デザートも、完食。
画像


ごちそうさまでした。


「岩惣」
http://www.iwaso.com/


今宵はここまで。
(つづく)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック