2015年 初秋 日光旅行(3)

まずは、お知らせ(リマインド)。

ローリング ダブ トリオ コペン 『パターンオーダー』 最終受付は、
2015年9月20日(日)です。

<参考ブログ記事>
http://brywb.at.webry.info/201509/article_6.html



2015年9月8日(火)~9日(水)、店休日と中山デーを活用し、日光へ一泊旅行して来ました。

旅行記(その3)です。

<参考ブログ記事>
2015年 初秋 日光旅行(1)
http://brywb.at.webry.info/201509/article_15.html
2015年 初秋 日光旅行(2)
http://brywb.at.webry.info/201509/article_16.html


宿泊先は、「日光金谷ホテル」。
画像


正面が本館エントランス、右は別館。
画像


1873年(明治6年)開業。現存する中では、<日本最古のリゾートクラシックホテル>。

この本館は、1893年(明治26年)に新築された後、1936年(昭和11年)に改築されたそうです。
画像


木製の回転ドア。上部の彫刻に注目。
画像


フロント。
画像


1907年(明治40年)頃から実使用されている、スタンドライト。
画像


木製のベンチ。
画像


フロント上部は吹抜で、、
画像


横にはギフトショップ。
画像


想像の像?
画像


至る所に、木彫作品が配されます。
画像


コーヒーラウンジへの通路には、、
画像


眠り猫。もちろん金谷ホテルバージョン。
画像


バーラウンジ。調度類の入れ替えなどは有るのかもしれませんが、見せかけだけではない、本物の醸し出す雰囲気が感じられます。
画像


二階に上がると、、
画像


メインダイニング。
画像


その横は、エントランス&フロントへの吹抜。
画像


その横に、ウェイティングスペース。
画像


日光東照宮を意識した、和洋折衷デザイン。
画像


擬宝珠には三つ葉葵。
画像


照明類もアンティーク。
画像


三階への階段上部には、天窓。
画像


フロント奥のロビー。パブリックスペースになっている様です。
画像


ロビー外の中庭から見た本館。
画像


その奥の新館は、1901年(明治34年)築。
画像



画像


こちらは別館。1935年(昭和10年)築。
画像


ヘレン ケラーさんが1937年に宿泊した別館。
画像


歴史を感じます。
画像


当店が扱う衣類の、デザインモチーフとなった時代。
画像


その時代がリアルに息づく空間です。
画像



画像



画像



画像


和洋折衷の建築や装飾には、若い頃の方が違和感があった。
画像


ある種の偏見が薄まり、イイ物はイイ、と思える様になった。
画像


121号室。
画像


広すぎず、狭すぎず、、
画像


旧すぎず、新しすぎず、、等々、全てに程良い印象。
画像


建物が景色に。
画像


窓に映り込むペンダントライトの、クラシカルなフォルムもグッド。
画像


浴室は、ユニットバス。猫足ではありません。
画像


温泉でも無いのだけれど、それは<外国人向けのリゾートホテル>という成り立ちが、そうさせたのかも。
画像


ラウンジにて、喉を潤す。
画像


ルームキーも、良い雰囲気。
画像



日光東照宮を意識した装飾なども、日本的アールヌーボーと捉えれば、外国人のおもてなしに際して、時流に乗ったアイデアだったのかもしれないですね。


今宵はここまで。
(つづく)


日光金谷ホテル
http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック