店主のモノローグ 平和ボケからの脱却

今日は、終戦記念日。
70年前、天皇が自らの声で、日本の敗戦を国民に告げた日。

今日は、幾人かのお客様との会話を、楽しんだ日。
久しぶりに髭おじさん来店で、車話で盛り上がった日。


前職を辞し、自営独立してからの毎朝の習慣に、「(紙の)新聞を読む」ことがある。

前職時代にも、「(紙の)新聞を自宅で購読」してはいたが、平日朝の時間帯に、じっくりと読む余裕などなく、出社後に、自席でネット版を読むのが習慣だった。


このところの気になる記事は、「戦時中の体験談」や、「70年談話の行方」など。

幸か不幸か、50を過ぎた今日まで、戦争体験談を、当事者から直接聞いたことが殆ど無い。

新聞やTVで見聞きする「戦時中の体験談」で、再認識すること。
戦争では、多くの人が亡くなること、そんな当たり前のこと。

目の前に、無数の死体が転がっていること。
(焼け焦げて炭化した)黒い屍体。
(皮を剥かれた)赤い屍体。
(蛆が湧いた)腐った屍体。
(嬲り者にされて)打ち捨てられた屍体。
(銃撃等で)バラバラになった屍体。

戦争を知らずに生きてきた者にとって、想像するだけで気が遠くなりそうな光景。

ただ、その最中に在る人々は、何も感じなくなっていたのかもしれない。


一方、身内を殺された人、自身が殺されそうになった人が、70年経った今でも、憎しみを忘れられない現実。


国全体としてみれば、
加害者であったと同時に、被害者であったこと、
被害者であったと同時に、加害者であったこと。


首相談話、良かったと思います。

後は、日本国民の一人として、どう捉え、どの様に行動するか。
結局は、一人一人の自覚と行動が肝要と思いますので。


今日は、「平和」を再確認する日。
礎となった方々に、心から感謝する日。


明日も、明後日も、良い日でありますように。

タイトルは、自戒の意を込めて。


<首相談話全文>

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150814-OYT1T50143.html?from=ytop_main1

朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASH8G5W9YH8GUTFK00T.html

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXKASFS14H3D_U5A810C1M10500/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック