DEE'S HALL「宮脇誠&江口宜舟~ヨーロッパの古道具と花~」展

本日、出勤前に東京青山DEE'S HALLで開催中の「宮脇誠&江口宜舟~ヨーロッパの古道具と花~」展に行ってきました。
画像


=====案内状より=====
フランスを拠点にヨーロッパを「足」でまわり古くて美しいものを
その「眼」で見いだす宮脇誠。その見つけた美しいものに寄り添い
その「手」で花を生ける江口宜舟。器と花の調和の美を感じて下さい。

<会期>
2014年11月5日(水)~11月8日(土)
open 12:00~20:00(日曜及び最終日は18:00終了)

<会場>
DEE'S HALL  
東京都港区南青山3-14-11 地下鉄「表参道」A4出口 徒歩3分
tel. 03-5786-2688
MAP
http://www.dees-hall.com/map/index.html
Web
http://www.dees-hall.com/index.html
===== ここまで =====

会場へのルート、最後は、この看板を目印に。この奥←です。
画像


#会場内の撮影には許可を得ています。


エントランス。
画像


会場の外観を撮り損ねたため、、会場内からエントランス方向を望んで。
画像


ミヤワキ氏が持ち込んだ物は、基本的に全て売り物です。
画像



画像



画像


ガラスのコンポートの上に有るのは、先日のフランス仕入れのお土産の、、
画像


アニスキャンディ。おひとつどうぞ。
画像



画像



画像



画像


とても稀少な、アンティークのマヌカン。
画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像


会場内の生け花は、江口宜舟氏の作品。
画像



画像



画像



画像


今日もデカい、ミヤワキ氏。
画像


殆どが、流し撮りになってしまって、一つ一つの魅力が伝わっていないと思います。ぜひ、会場へ足をお運びください。
画像



宮脇誠氏の人気は、彼の人柄の良さと、眼の良さにあるのだと思う。

例えて言うならば、幾つもある水溜りの中から、綺麗なものを見分け、更にその上澄みだけを器用に掬っていく。

多少の不純物が混じっていても良い。むしろ、「(彼にとって)好ましい不純物」であれば、かえってそれが味(見所)になる。「好ましくない不純物」が混じっている場合は、決して手を出さない。例えそれが「売れ筋」の物でも。

そんな物たちが集まった空間には、独特の「品の良さ」を感じる。それが多くの人を惹き付ける魅力だと思う。

インターネットの発達によって、知識の習得、知の共有は、驚くほど簡単になった。誰でもプロ並みの知識を、簡単に習得できる環境がある。

ただ、<実体験>を積んでいる人の数、割合は、10年、20年、それ以上前と変わらないだろう。

彼は、なんの後ろ盾もないまま単身でフランスに渡り、彼の地で生活し、市が立てば出かけて行くという<実体験>を積んだ。その<実体験>を通じて、自分自身のチカラで知識を習得していった。古物商としての眼を鍛えた。彼の地の人々と感覚を共有し、更に日本人としての独特の感覚を加味することで、新しい価値観をも生み出してきた。

<実体験>に基づく知識、提案には、実行力、説得力がある。


彼の「目の良さ」を示す一例として。古物に興味がない方でも。
http://miyawaki.exblog.jp/23058638/


こちらもどうぞ。
宮脇モダン―好奇心を刺激するフランス・アンティーク
http://www.pen-online.jp/feature/style/neo_antique_miyawaki_modern/1/

宮脇モダン公式サイト
http://miyawaki.biz/

ブログ
http://miyawaki.exblog.jp/

フェイスブック
https://www.facebook.com/miyawakimodern







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック