酉の市 2014

久しぶりの目黒。
画像


桜並木も秋色に。
画像


出勤前に、目黒大鳥神社を参拝。
画像


今日は、一の酉でした。
画像


鳥居をくぐると、熊手の回廊。
画像


まずは、身を清めましょう。ここの水は飲めませんので、形だけ。
画像


目黒の大鳥神社は、鎮座1200年の歴史があり、酉の市は江戸時代から行われているそうです。御祭神は、 日本武尊(やまとたけるのみこと)。毎年11月の酉の日に、酉の市が行われます。酉の日は、12日に一度ですから、11月に2回の年と3回の年があります。今年は2回ありますので、「二の酉」まで行われます。今日は「一の酉」でした。(「三の酉」まである年は、火事が多いという俗説があります。)
画像


二礼二拍手一礼で。程よい混み具合。
画像


「熊手守り」を買いましょう。
画像


「福をかきこむ」縁起物。
画像


そして、立ち並ぶ熊手商の露店へ。
画像


こちらは、「縁起熊手」。今年の売れ行きは、どうでしょうか。
画像


商談成立。威勢の良い「手締め」が行われます。
画像


江戸情緒を、今に伝える風物詩。
画像


縁起熊手の値段は、千円前後から、十万円を越える物まで有るようです。年ごとに、とか、お店の規模が大きくなるごとに、などで、縁起熊手を大きくしていくのが慣わしです。
画像


こちら本日購入の縁起熊手。
画像


こちらも縁起物の、切山椒。
画像


切山椒は、縁起物の餅菓子。日本古来の香辛料「山椒」は、実も葉も枝も全て活用できる(捨てるところがない)ことから縁起が良いとされ、漢方薬的な効能も。また、拍子木状に切っていることから、火の用心の縁起物でもあるそうです。美味しく頂きました。
画像


ついでに、、大鳥神社近くの老舗和菓子屋『玉川屋』で、名物の「バターどら焼き」をゲット。うぐいす餡とホイップバターがサンドされた人気商品。この手の物の先駆けでもあります。美味しいですよ。
画像


お次は、、歩いて5~6分の『リーガ フェリス』へ。新作をゲット。こちらも秋色。
画像


本日の仕入れも、無事終了。詳細は、後日ご紹介いたします。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック