古物 アンティーク 鉄道懐中時計 ハミルトン 992 21J 16s モンゴメリ&草花彫刻

今夜は、アンティーク 鉄道懐中時計をご紹介いたします。


BRYWBでは、少量ですが厳選された古着、古靴、古雑貨等を扱っています。もちろん、古物商の許可も取得しておりますので、ご安心ください。
<古物商許可証>
神奈川県公安委員会許可 第452520009054号 古物商 宇野 浩介


◆HAMILTON 992 21J 16s Monty dial & Silveroid Flower engraving RAILROAD WATCH


ハミルトン社製 鉄道懐中時計。製造年は、1930年頃。
画像


<「鉄道懐中時計」参考ブログ記事>
http://brywb.at.webry.info/201307/article_12.html

ケースは、シルバーロイド。
画像


ケースに施された、草花文様の装飾が特長的。
画像


もう一つの特長は、この文字盤。
磁器製の乳白色の文字盤に、「分」まで数字表記された『モンゴメリ(モンティ)ダイヤル』が付きます。
画像


スモールセコンド部分が二段下がった、ダブルサンクダイヤル。
画像


スモールセコンドの33秒付近に、僅かにインク汚れの様なものが見られますが、実際にはさほど気になりません。
画像


モンゴメリ&ダブルサンクダイヤルで、ニュウ(ヒビ)も欠けも無いミントコンディションのものは、とてもとても希少です。
画像


針はブルースチール製で、流麗なフォルム。時代に伴うヤレ感が若干見られますが、気にならない範囲と思います。
画像


ボウにも草花装飾。ステムのみ金色で、アクセントになっています。
画像


サイドにもみっしりと草花装飾。風防は、厚手のガラス製。NOSに変更済みで、傷もありません。
画像


表、裏ともに、スクリューべゼル。簡単に開閉可能です。
画像


ゼンマイの巻きあげは、リューズ巻き(ステムワインド)。
一時方向のレバーを収納した状態でリューズを回すと、ゼンマイの巻きあげができます。
画像


時刻あわせは、剣引き(レバーセット)。
一時方向のレバーを引いた状態でリューズを回すと、時刻合わせができます。
画像


時刻合わせを行う度に、ガラス風防を開けることになりますが、このひと手間が鉄道懐中のルーティン。

背面。時代に伴う、スレ、浅い凹み等がみられますが、、
画像


「味」といって良いレベルと思います。もちろん、実使用上の問題は皆無。
画像


裏蓋を開けてみましょう。こちらもスクリューべゼルですので、簡単に開閉可能です。
画像


蓋裏には「KETSTONE WATCHCASE」の刻印。マテリアルは「SILVEROID」、当時時計等に用いられた合金です。
画像


そして、、ハミルトンの誇る、ランカスター992ムーブメント。
画像


16s、21石、5姿勢制御、、の、レイルロードグレード。
画像


ゴールドトレインに、スワンネック。
画像


当時、ムーブメントとケースを、好みに合わせて選ぶことが一般的でした。

機能性はもちろん、見て/見せて楽しむことを意識したであろう、造形美に溢れたムーブメント。

それに組み合わせたケースは、、
アールヌーボーの流れを汲む、草花装飾が華やかな印象で、視認性と機能性を両立したモンゴメリダイヤルとの組み合わせは、正にドレスワーク。

希少性の高い、一点ものです。


<サイズスペック>
径:50mm
高さ:58mm(リューズ上端~ケース下端まで)
高さ:66mm(ボウを立てた状態で上端~ケース下端まで)
厚さ:14mm
重量:90.3g

パワーリザーブは30H以上。現状で、日常使いに問題ないことを確認済みです。

BRYWBセレクトの、一期一会の逸品を、ぜひ、貴方のお手元に。


SOLD(ありがとうございました)


尚、古着、古靴などの古物類に関しては、当面、実店舗へご来店頂いた方にのみ販売させて頂きます。トラブル防止のため、ご容赦をお願い致します。



*ご不明点等、お気軽にお問い合わせください。



BRYWB(ブライウブ)
address:神奈川県川崎市中原区新丸子東2-924-16 今井ビル1F
TEL&FAX:(044)433-5927
E-mail:info@brywb.com
store hours:12:00-21:00
holiday:Monday & Tuesday
(E-mail は、いつでもOKです。)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック