ジェラード スエード シューズ ミドルボロウ

今夜は、ジェラードの新作シューズをご紹介いたします。

気鋭のシューブランド「RFW:アールエフダブリュ(RHYTHM FOOTWEAR改め)」とのコラボレーションアイテムです。


◆JELADO×RFW "ANTIQUE GARMENTS" Oxford Leather Shoes "Middle Borough"


素材は、アッパーにスエード、アウトソールにレザー。
型は、Uチップ オックスフォード。

こちらのカラーは、ネイビー。
画像


ドレスシューズとしてはカジュアル寄りな、Uチップ オックスフォード。
画像


アッパーのスエードは、ヌバックに近い雰囲気の、上質な素材です。
画像


流麗なフォルム。
画像


Uチップ モカ縫い部分は、ハンドステッチで行われます。職人技が光る、見どころの一つです。
画像


コバのギザギザ(三角スリット)は、1940's~50'sのドレスシューズに見られるもので、ジェラード アンティークガーメンツらしい拘り。
画像


レザーソール。滑り止め用の、波型の切れ込みもヴィンテージライク。アクセントにもなっています。
画像


トゥはラバー仕様。
画像


ソールに刻まれた「Knives and Ketchups(ナイブズ&ケチャップズ)」は、RFWのドレスシューズラインの証。肉を切るナイフが職人、調味料のケチャップが企画者(デザイナー)で、二人三脚での物作りを意味しているそう。

トップリフトもラバー仕様(ダイナイト)。
画像


ヒールの一部やトップラインには、レザーがあしらわれます。
画像


ミッドソールの工夫で、クッション性に加えて返りも良く、履き心地は上々。
画像


製靴プロセスは、グッドイヤーウェルト。
画像


Dウィズ(ワイズ)で、店主好みのフォルム。
画像


インソールにブランドスタンプ。右足にRFWの、左足にジェラード アンティークガーメンツのシンボル。
画像


RFWのハイセンス&ハイクオリティな製靴技術に、調味料としてジェラードらしい意匠をトッピング。

両メーカーの「良いトコロ」がガッチリと組みわされた、正に、理想的なコラボレーション。

通年お楽しみいただける、ドレス&スポーティなネイビースエードシューズ。

ぜひ、お試しください。


サイズは、7(25cm)、7H(25.5cm)、8(26cm)、8H(26.5cm)、9(27cm)、9H(27.5cm)、10(28cm)で、現時点では全サイズご用意可能です。


¥44,100(税込)



*ご不明点等、お気軽にお問い合わせください。


BRYWB(ブライウブ)
address:神奈川県川崎市中原区新丸子東2-924-16 今井ビル1F
TEL&FAX:(044)433-5927
E-mail:info@brywb.com
store hours:12:00-21:00
holiday:Monday & Tuesday
(E-mail は、いつでもOKです。)

通販に関しては、下記ブログ記事をご参照願います。
http://brywb.at.webry.info/200905/article_7.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック