2012夏 東北旅行(1)

今年も行ってきました、東北旅行。東北の素晴らしさを体感してきましたので、お付き合いいただけると幸いです。


2012年8月13日。
5:30起床の予定が、、気が付くと7:00過ぎ。。ドタドタと支度して、東京駅新幹線ホームに付いたのが、7:50。
画像


そういえば、東京駅の改修工事も大詰めですね。
画像


行きは、「やまびこ・つばさ 127号」。東京発8:08、かみのやま温泉10:46着。
画像


「がんばろう日本!」、「がんばろう東北!」。
手前が『やまびこ』、奥が『つばさ』。福島まで連結です。
画像


「つなげよう、日本」。
山形方面ですので、『つばさ』に乗車。
画像


出発早々、軽く朝食。
画像


談笑している間に、「かみのやま温泉」着。のどかです。
画像


駅舎もコンパクト。なんとなく、雪国の風情を感じます。
画像


駅前の街並み。
画像


ここからはレンタカーで移動(運転は弟が担当)。まずは昼食。地元の方の、お薦めの店へ。
画像


店に付いたのが12:00前。席数は多いものの、店内大繁盛で、席に通されたのが12:20頃。

板そば。天ぷらもいただきました。お酒は、男山酒造の吟醸生酒。そばも、つまみも、お酒も、美味しかったです。
画像


そして「山寺(やまでら)」へ。
画像


正式名は、「宝珠山 阿所川院 立石寺(りっしゃくじ)」。登山口を登るとすぐに「根本中堂(本堂)」。
画像


さらに進んで、山門脇の案内板。
画像


山門をくぐり、奥の院へ向かいます。ここから千段以上の登り道です。
画像


さほど急でも無く、時間をかければお子さんでも。
画像


この上が「奥の院」。
画像


着きました。寄り道せずに歩けば、20分程度で上がれます。
画像


三重小塔。岩の祠の中に、木製の工芸品的小塔が納められています。
画像


左:納経堂、右:開山堂。
画像


この納経堂が、山内で最も古いそう。
画像


五大堂からの素晴らしい眺め。胸につかえていたものが、スッと消えて無くなるような。
画像


この先は、修行者のみが立ち入り可能。結界の様な、あきらかに雰囲気が異なるエリア。
画像


「おくのほそ道」には、芭蕉がこの地を訪れた事と共に、「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」の句が記されています。

その記念碑が、この「せみ塚」。
画像


山寺の奇岩群を間近に見、その雰囲気の中に佇むと、芭蕉の句を実感・体感できます。特に、「巖にしみ入る」の部分。旅の醍醐味でしょうか。
画像



山寺を堪能した後、宿へ向かいます。

一日目のお宿は、「かみのやま温泉 古窯」。
画像


「プロが選ぶ旅館百選 総合第2位」とか。


今宵はここまで。
(つづく)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック