青森より(2)

旅の楽しみの一つは、「食事」ですね。
今回は、1日目の昼食/夕食、2日目の朝食をご紹介いたします。
(本音を言うと、、ちょっと躊躇したのですが。。ご参考になれば幸いです。)


こちらは、新青森駅構内で食した昼食の『太宰らうめん』。「根曲がり竹」と「わかめ」入り。煮干し出汁のあっさり醤油味で、思ったより薄味でした。
画像



1日目の宿「浅虫温泉 割烹旅館 さつき」での夕食。事前に、「魚介類中心」で申し込んでありました。
画像


上の写真の右上にあるのが、こちらのアワビ。出汁を含ませてあります。
画像


中央は、ムラサキウニ。
画像


お造りは、ボタンエビ、大間のマグロなど。
画像


箸休めにそうめんが出てきたり。
画像


メインは毛ガニ。今が旬。この宿のスぺシャリテでもあります。
画像


この他に、ご飯、味噌汁、デザートなどが出ました。

青森は、日本海、陸奥湾/津軽海峡、太平洋と、三方を海に囲まれた土地です。魚介類の種類も豊富、鮮度も味も、もちろん上々です。地酒ももちろん頂きましたが、料理に合っていて、美味しかったです。


こちらは、2日目の朝食。宿で頂きました。
画像


左上にあるのは、こちら「貝焼き」。ホタテの貝殻の上で、小さく切ったホタテを、味噌をあえながら軽く焼き、最後に卵を溶き入れ、半熟になったところをいただきます。これも太宰の好物とか。家でも真似できそうですね。
画像


中央の蓋物の中身は「茶碗蒸し」。肉類は、この中に入っていた鶏肉くらいでした。
画像


出来たての、自家製豆腐。
画像


この他に、ご飯とみそ汁が付きます。

最後に、デザートとコーヒー。
画像


美味しく頂きました。運転しなければならないため、お酒呑めなかったのが心残りですが。。

宿の料理は、「割烹旅館」の名に恥じぬものでした。

こじんまりとした宿ですが、細部まで手入れが行き届いており、気持ちの良い宿です。
お風呂も良かったです。

「決めたこと」「決められたこと」「あたりまえ(と思って取り組んでいること)」、それらを日々キチンと行う。
奢らず、真摯に、日々勤める、そんな在り方が、おもてなしの心となって利用者にも伝わってきます。

勉強になりました。



今宵は、この辺で。。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック