大江戸骨董市

今朝は、ちょっこし早起きして、大江戸骨董市に行ってきました。
画像


場所は、有楽町の東京国際フォーラム地上広場。
画像


まずは、ミヤワキ氏のブースへ。

相変わらず、デカイです。雰囲気の良い、赤いセーター着てました。
画像


今日は小物中心で、お目当ての古着や食器類は極少数。残念。
画像


今日までニコタマの高島屋で展示会、10月9日~10日は目白で展示会が控え、それぞれ内容を変えることに腐心したとのこと。
画像


これは古いボタンアコーディオン。フランスでは、一家に一台くらい、アコーディオンが普及しているようです。
画像



ヨーロッパの古物を扱うお店は、他にも何件かありました。
こちらのお店は、扱い量は少ないですが、キラリと光る品揃え。右上の金属板は、出来の良いアブストラクトの様でした。
画像



東南アジアの古物を扱うお店も。
画像



もちろん、一般の方がイメージする、こちらの様なお店もあります。
画像



郷土玩具。
画像



こけし。
画像



古着、古布のお店も、和物、海外物と色々です。
画像



こちらは、古民具屋さん。
画像



気持ちの良いものが並んでいます。
画像



これは、臼挽手斧(うすびきちょうな)です。臼を作る際に、木を刳り抜く道具です。長年の使用で、持ち手が飴色になっています。錆具合も良し。
画像


う~ん、痺れますね(って、私だけ?)。
画像



この他に、古陶磁を扱うお店、絵やアクセサリーを扱うお店なども数多くあります。
古い物に交じって、今物も見受けられますので、見る目や店主とのコミュニケーションが必要です。

骨董趣味は陶磁器から入ったので、そちらも色々と見て回りました。

この手の市で、美術館クラスの物を探すことは困難ですが、趣味の良い、座辺に置きたくなるような物はたくさん見つかります。時に、ガラクタ屋などと揶揄されたりしますが、良いものを扱う店は、品も良いです。

時間が無くザッとでしたが、久々の骨董市で、楽しかったです。

もちろん、12:00からBRYWBオープンしましたよ。開店休業状態でしたが。。



最後に、メジコレ(目白コレクション)のご案内。

ミヤワキ氏も出店します。

場所:目白 椿ホール

    東京都豊島区目白1-4-8 デサントビル1F
    JR山手線目白駅徒歩1分

日時:2010/10/9(土)12:00~18:00
        10/10(日)10:00~17:00

http://www.mejirocollection.com/


気持ちの良い品、品の良い店が並びそうです。是非、お出かけください。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック